通いやすいところを探す

old man and doctor

街中に複数ある内科は、町医者として一般的すぎて普段は目立たない存在ですが、地域医療を身近な場所で支えてきました。小児科が近所で少なくなっている状況下では、応急的に内科に相談すると診てもらえることもあります。 かかりつけ医として地域に根ざした医療を行ってきた内科の役割は、本来は大きいものですが、薬局や薬店が普及したことで市販薬で完治してしまう例が増えて、現役世代が内科を受診する機会が少なくなっています。生活習慣病に対して警告してくれる内科の役割は、かかりつけ医として若い頃から通い続けることで診療情報が蓄積されて、いつもと違う変化に気が付くものです。慢性的に治療している病気がある人にとっては、欠かせない存在となっている内科の役割をもう一度見直す時期に来ているでしょう。

体調不良を起こした時には、余程重要でなければ最初にかかりつけ医となっている内科を受診すると良いでしょう。過去の病歴と照らし合わせて、異変が察知された場合にはすぐに適切な診療科目の紹介状を書いてもらえます。内科医であっても、他の診療科目について全く知識が無いわけではなく、外科を除く全般に対する医療知識を持っているので、適切な専門医を人脈から紹介出来ます。 内科医は町医者として知られている以上に、休診日を利用して研究活動や非常勤医師として他の総合病院で最新の医療技術に触れていることも少なくありません。内科の診療所は、かかりつけ医として最初に異変を感じた時に相談する場所としての役割を担った存在です。まだかかりつけ医を持っていない場合には、風邪をひいた時を利用して通いやすい範囲の内科を受診して、かかりつけ医を探しておくと良いでしょう。